カテゴリ: 大阪府

◆堂山町(どうやまちょう)

イメージ 1
近畿自動車道下にあるΦ450矢印です。
私は吹田方面より車でアプローチしたために、この交差点は大阪・兵庫探索⑥の「堀溝」交差点よりも先に訪れました。

イメージ 2
かつてこの交差点付近の「大日」交差点などにΦ450矢印がありましたが、この場所以外は撤去。

イメージ 3

イメージ 4
サイクルは矢印点灯後に黄色は点灯せずにいきなり消えるタイプ。
NS初代+Φ450矢印は何とも言いえないあじがありますね。


◆蔀屋西(しとみやにし)

イメージ 5
先ほどのNS初代+Φ450矢印がある交差点から「松生町」交差点を左折し、国道163号をしばらく行ったところにある「蔀屋西」交差点です。

イメージ 10
イメージ 6

イメージ 7

西日がもろに当たってるのにもかかわらず西日対策が行われておらず心配になりますが、宇宙人矢印は元気に稼働しておりました。


イメージ 8

イメージ 9
サイクル的には上で紹介した交差点同様、矢印点灯後に黄色は点灯せずにいきなり消えるタイプ。

全国的に見ると十数基となった宇宙人矢印。見納めも近いかもしれません



イメージ 11
イメージ 12
交差点内には大阪ならではのヤンキー兄ちゃん歩灯。こちらもかなり数が減少している希少灯器です。

宇宙人矢印を撮影したところで日没となり2日目の探索を終えました。
兵庫→大阪と大変濃い一日となりました。

◆堀溝(ほりみぞ)

昨日は交通信号機の日でしたね。そんな中今回はNS低コスト灯器を紹介したいと思います。

国道163号「蔀屋西」交差点の宇宙人矢印を撮影しようとしたところ、近くの「堀溝」交差点がNS低コストに更新されていました。

イメージ 1
「堀溝」交差点は四条畷市で、初めてNS低コストが確認されたのは枚方市なので大阪府の地域の北河内に多く設置されていることがわかります。
逆に大阪府南部は電材低コストのみしか発見されていません。

イメージ 6

イメージ 2

イメージ 3
設置された場所はまさかの片側2車線の国道でしたが、視認性に問題は感じませんでした。

イメージ 4
イメージ 5
矢印接続穴はなく一枚蓋でパッキン錠留となっています。
簡単なプレス加工になっているらしく京三のVSPを彷彿とさせるデザインです。
LED配列は 青6周 黄7周 赤7周と従来の日亜製面拡散と変わらないです。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
フードレスなのが低コスト灯器の特徴ですが、電材は外付けフードを設置しなくても、今回新しく開発されたインナーフードを用いることにより認知防止になりますが、NS低コストはユニット周りに筒フード用の設置穴があり、認知防止には外付けフードを設置する必要があるそうです。

イメージ 11
歩灯も信号電材ではフードレスでしたが、「堀溝」交差点では従来のNS歩灯でした。



●銘板(車両用)
イメージ 12
形式はED1191Aとなっています

●銘板(歩行者用)
イメージ 13
形式はED1337Aと従来のものと変わりませんが、製造年月が2017年4月になっているのでNS歩灯はフードレスになるのか気になるところ。


今回は今年夏登場のNS低コストについて少しばかり紹介しました。
次回は「蔀屋西」交差点の宇宙人を紹介したいと思います。
その⑦につづく

「林寺2」撮影時、雨は降っていませんでしたが、少し車を走らせたところで雨は土砂降りになり、撮影どころではなくなってしまいました。
計画では北花田の電材低コストを撮影する予定でしたが、あきらめて車内から確認するのみに変更。車内から確認した結果、低コスト信号機は見ずらいという印象は感じられませんでした。
せっかく堺まで来たので松屋町の角形を見ることにし、北花田から松屋町に向かうことにしました。途中、浅香山町2丁付近にも電材低コストを発見し、思ったよりも低コストが設置されており驚いたのが所感です。

◆松屋町2丁(まつやまち2ちょう)

イメージ 1

イメージ 2
どうせあるだろうという気持ちで、松屋町につくとなんと角形が電材低コストにより撤去間近!
てか、残っていたのが奇跡といえる状態になっていました。

イメージ 3

イメージ 4
まさか角形と低コストの共演が見れるとは思ってもみなかったです。
私が訪れた際、低コストに更新されているのは、角形が設置されている方の道のみでしたが、角形が設置されていない上り側の交差点も信号柱更新間近で、灯器も撤去間近でした。

イメージ 5
相変わらず雨は降り続いていましたが、場所的に新なにわ筋の跨道橋+橋があるためにぎりぎり雨がしのげ、電材低コストを撮影することができました。
雨に打たれる電材低コストを撮影できたので個人的には満足です。

◆梅香(ばいか)

イメージ 6
堺を離れ国道43号と北港通が交差する大きい交差点の「梅香」交差点へ
「梅香」につくと雨は小降りになり少し撮影できる天気になりました。
ここの交差点には上の画像を含むΦ450矢印が計5基設置されています。

イメージ 7
イメージ 8










いつ見てもΦ450はでかいですね。 
車通りが多いせいかΦ450矢印のレンズ上部が霞み若干見ずらい状況になっていました。

イメージ 9
北港通りの海向きの信号機は右折灯のみΦ450という面白い仕様でした。

イメージ 12
「梅香」といえばこのバズーカですよね。
矢印すべてがΦ450と迫力満点の設置には圧倒されました。
また私が訪れた時は青灯は点灯しませんでしたが、なぜか青灯にルーバーが取り付けてありました。以前は青も点灯していたのでしょうか?

イメージ 10
Φ450の矢印は松下通信製で2003年3月製造

◆中島大橋(なかじまおおはし)

イメージ 11
国道43号を「梅香」から北へ走らせるとΦ450 3灯がある「中島大橋」交差点があります。
大阪では大分Φ450灯器は淘汰されているようで貴重な存在です。

イメージ 13
イメージ 14










「梅香」方面向きのΦ450は矢印無しの純粋なΦ450が使用されています。

イメージ 15
イメージ 16










イメージ 17
交差点には上の画像のようなΦ450矢印が2位ついた灯器が2基も設置されており大変迫力があります。
神戸方向から来た場合、国道43号線は阪神高速3号線の下にあり、中島大橋手前で阪神高速3号は国道43号線からそれ、またこの交差点は橋の途中にあり、信号機を見落としがちになるため強調の意をこめてΦ450が2基設置されたものと考えられます。

イメージ 18
他に交差点には通常のコイト鉄板が設置されてあります。
じっくり撮影したかったのですが、撮影途中に土砂降りの雨が降ってきたので、十分な撮影ができないまま「中島大橋」を後にしました。

その③につづく




8月9日~8月11日の間に大阪・兵庫に行ってまいりました。
8月9日ということで台風5号と共に大阪上陸し、大阪の天気は小雨+風で撮影には向かない天候でしたが、頑張って撮影することに。今年の探索はなぜか雨に見舞われる筆者。取りあえずレンタカーを借りて「林寺2」交差点へ

◆林寺2(はやしじ2)

イメージ 1
天王寺駅近くの国道25号線の「林寺2」交差点には有名な住友鉄板があります。
私自身、大阪をじっくり探索するのが初だったもので、この交差点も訪れるのが初でした。
「林寺2」交差点から南側の道路は拡張工事がほぼ完了し、この灯器の撤去は秒読みと考えられます。

イメージ 2
日信2代目鉄板と同型にもかかわらず、銘板が違うだけで雰囲気が異なる気がします。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
こげ茶色の塗装は剥げかかり、錆が目立ちます。

イメージ 6

イメージ 7
青灯・矢印灯の庇裏に張り付けてあるステッカーも日信2代目とまんま同じです。

イメージ 8

イメージ 9
3灯・矢印ともにS51年1月製造です。
この日信2代目もどき住友電気製鉄板灯器はもともと少数設置のようで、現在ではΦ300のものが「林寺2」、Φ250のものが「石川橋東詰」に残るのみとなっています。(どちらも大阪府)


●従道の信号機たち
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 15


イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
同じアームに設置されているにもかかわらず年代が違うのが面白いです。

イメージ 20
拡張された側はコイトLEDに


●歩行者用灯器
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19


●おまけ
イメージ 21
ここの地名板「Hayashiji 2」ですが、よく見るとステッカーで修正されており以前は「Hayashidera 2」という表記だっま模様。住居表示は「Hayashiji」となっているためにこちらの表記の方が正しいといえます。また近くの林寺小学校は「はやしでら小学校」と呼ばれているそうです。


その②につづく





2017年3月31、4月1日の二日間、にひゃくさん さん 天満 さん 主催の大阪・神戸・愛知オフに参加して参りました。2日間共に雨でしたが、レアものずくしで非常に有意義なオフ会となりました。

1日目

最寄駅から始発に乗り、品川から始発の「のぞみ99号」に乗車。
京都駅に無事到着し、新快速で集合場所の高槻へ
高槻駅前からオフ会スタート

◆高槻駅前
イメージ 8

イメージ 7
駅前にある強烈ネタ 大阪らしい宇宙人3灯と宇宙人矢印
矢印・3灯共にS57年製と大変新しく、上開きで警交付き

イメージ 9

イメージ 10
個人的に宇宙人矢印といえば、こいつを思い出してしまう。

閑話休題
高槻駅前の宇宙人を撮り終え、JRを乗り継いで宝塚へ 阪急に乗り換え逆瀬川で下車

◆野上1丁目
イメージ 6
逆瀬川から歩いて数分のところにある宇宙人RR灯です。
全国的にも数少ない宇宙人一灯ですので大変貴重です。

◆西宮市春風
イメージ 1
阪急今津線に乗り今津へ
てっきり今津線は宝塚から今津まで一本かと思いきや、西宮北口駅で線路が分断されていることを初めて知る筆者
ところで今津駅から10分程度歩いた場所にあるのが古松下FRP灯器。今やここと熱海のみ?でしか見られない激レアもの

イメージ 2
従道に目を向けると、またしてもレアものの松下一本アーム樹脂が。
普段見られない古樹脂たちが見れる大変貴重な交差点でした。


ここから甲子園口まで歩き大阪へ戻ることに
甲子園口駅までは遠く雨も降っていたために体力を持っていかれました。。

◆松屋町
イメージ 3
甲子園口から新福島まで行き、環状線の福島から新今宮、南海に乗り換え七道まで
七道駅を降りると雨は本降りとなっており、探索どころではない状態に。
しかしせっかくということなので、いざ京三縦角形へ
ここで残っていなかったら絶望でしたが、ちゃんと現存しておりました。
雨が強かったために高架下からの撮影でしたが、「三位交通信號機」銘板+関西型という関西でしか見られないネタに感動しました。

◆京橋駅前
イメージ 4

イメージ 5
バス・四つ橋線・長堀鶴見緑地線を乗り継いで京橋へ
京橋と言ったらもうアレしかないですよね。
雨ということでなかなか撮影できない雨に打たれる包丁・包丁樹脂を撮影。
これにて大阪・神戸探索終了

1日目参加者:にひゃくさん氏・天満氏・ペけ氏・るいくん氏・しゅい氏・根津氏




京橋駅でオフ会関西勢と別れ宿泊先がある愛知へ
1日目は一時土砂降りの雨の中探索しましたが、普段見ることのできないネタばかりで個人的には満足しました。
半年以内の晴れてる日に再撮影に向かいたいと思います。

その2に続く

↑このページのトップヘ