ザイラークワッド

イメージ 1
ザイラークワッド
スキー場  安比高原スキー場
事業社名  加森観光
メーカー   日本ケーブル
全長     2,143m
標高差    513m
速度     4m/s
建設     昭和61年12月
運送能力  1108人/時(建設当時は2400人/時)
支柱     28基
山頂     建屋方式(原動)
山麓     建屋方式(緊張)
回転方向  反時計回り
搬器数    不明
定員     4名(モデルEフード付)
方式     単線自動循環式
イメージ 2
建設当時はフードがなく初期のデザインだったが、2004~2005シーズンにフードつきになった
初期は、運送能力が2400人/時だったが、建設時にはフード付にするという計画ではなかったと思うのでこのように搬器の間がすごく広くなっている。(運送能力は現在1108人/時になっている)
なのでまっている時間がすごくかかってしまう
イメージ 3
ザイラークワッドは見てのとおり、2,143mもある日本1長いクワッドである。建設当初も1位だったが、1位「森吉第1高速」、2位「三田原第1高速」に抜かされ3位だったが、1位の「森吉第1高速」があった森吉スキー場(旧西武グループ)は廃止され、2位の「三田原第1高速)のある妙高杉ノ原スキー場(西武グループ)のコースマップから消えている。なのでまた1位に返り咲いたのである。
 
注意:原動がある山頂駅は、超うるさいので注意